短歌に出会える街 塩尻

短歌フォーラムへの思い

長野県塩尻市は、太田水穂や若山喜志子など近代歌壇に名を残す歌人たち生まれ、歌をとおして盛んに交流を図った土地です。 わたしたちは、短歌で思いを表現してきた先人たちの志を受け継ぎ、昭和62年から短歌大会「全国短歌フォーラムin塩尻」をはじめました。
以来30年間、短歌の魅力を全国に発信し続けています。

短歌集

何度目の
集配者かな
ポスト前
街路樹越しの
図書館の席
山口県下関市 第29回入選
山見えぬ
のっぺらぼうな
空の日は
物忘れ多し
信濃に旧りて
長野県松本市 第21回優秀賞
ひらがなの
手紙でごめん
鉄分が
減るのよアタシ
漢字書いたら
岡山県瀬戸内市 第29回入選
木漏れ日に
濡れたる君に
くちづける
今朝は世界が
できて七日め
東京都新宿区 第2回優秀賞
過去の入選作品を見る